整備ブログ

整備ブログ&Information

BMW MINI オーテル マキシシス テスター診断~修理 

こんにちは、スタッフYです。

 

2月も終わりですね、早いですねぇ

 

早く暖かくなってほしいですね。

 

さて、今回の内容は オーテル マキシシス の実際の診断~修理作業を写真にしましたので簡単にご紹介します。

 

 

お客様から、エンジンチェックランプが点きましたので、点検してくださいとのことでご入庫されました。

 

 

 

 

車両側の診断コネクターに送信側の機械を取り付けます。

 

 

 

 

鍵をイグニッションONの位置迄、回します。

テスターの画面で診断をタップします。

 

 

 

 

車両メーカーを選択します。

 

 

 

 

診断のタイプを選びます。

 

 

 

 

自動選択を選びます。

 

 

 

 

車体番号を入力します。

これは、手動と自動どちらでも入力出来ます。

 

 

 

 

車両情報が出ましたので確認してから、診断に移ります。

 

 

 

 

不具合箇所が読み込まれます。

 

 

 

 

フォルト部分をタップします。

エンジンコントロール部門ですね。

 

 

 

 

故障コードを読み込みます。

 

 

 

 

キャタ前のラムダセンサーが故障との診断です。

 

 

 

 

奥の方にあるセンサーを交換して。

故障コードを消去します。

試運転をしてから、もう一度テスターをつなぎます。

 

 

 

 

直りましたね、エンジンチェックランプも消えました。

 

 

 

 

ちょっと長くなってしまいましたが、だいたいの流れはこんな感じです。

ご不明な点や質問など、ありましたらご連絡ください。

 

 

 

 

 

ラジコン部にニューマシーン登場です。

ダルマセリカ ドシブです。

旧車欲しくなりました。

 

それでは、また

2018/02/27

  • お問合せ・お見積りはこちら
  • お得なキャンペーン情報
  • 整備・修理事例はこちら
  • ※ホームページ記載の価格については、税抜価格となります。