オイル漏れ

  • 更新日 2012/11/20
メーカー/車名 メルセデス・ベンツ/Cクラス
型式 GH-203246
走行距離 60733Km
カムアジャスター・マグネットスイッチコネクター部よりシール不良

カムアジャスターのマグネットスイッチのコネクターよりオイル漏れ

 

 

ここからオイル漏れをするとオイルがハーネスを伝わり、エンジンコンピューターまで達します。

最悪はエンジンコンピューターがダメになってしまいます。

コンピューターにオイルが混入してしまうと修理は、ほぼ不可能。

コンピューター本体の交換になってしまいます。

 

>エンジンコンピューターのコネクター部にオイルが付着

 

この場合、カムアジャスターマグネットスイッチ交換をしただけでは、再度オイルが伝わってしまう可能性があります。

下のイラストの対策品ハーネスを取り付ける必要があります。

 

>対策品ハーネス

 

>取付図

 

>取付図

コネクター部を縦に固定し、オイルが伝わりにくい様に対策。

基本的に対策品は、コネクター内部のパッキンが改良されているので、オイル漏れの可能性はありません。

 

 >取付図

これで作業は終了!!

 

車両が入庫した際は、コネクター部にオイルが混入していないか確認し、早期対策をしましょう。

エンジンコンピューターがダメになってからでは、目も当てられません。

  • お問合せ・お見積りはこちら
  • お得なキャンペーン情報
  • 整備・修理事例はこちら
  • ※ホームページ記載の価格については、税抜価格となります。